サイパン旅行をしてみませんか?とても素敵なビーチリゾートが日本からたったの3時間です!
サイパンの天気は熱帯性気候なので変わりやすいです。
はじめてのサイパン旅行 HOME>サイパン基本情報

サイパン基本情報

サイパンの天気

旅行に行くときは旅行先の天気は大変気になりますよね。 サイパンのようなビーチリゾートの天気は特に気になるものです。天気が良いか悪いかで楽しみ方が大きく変わってきますからね。

サイパンは典型的な熱帯性気候です。サイパンの年間平均気温は27度で年間気温差は少なく、まさに常夏の島で、年中ダイビングやシュノーケルなどのマリンスポーツが楽しめます。

サイパンには乾季と雨季があり、大体ですが、12月〜5月までは乾期で6月〜11月までが雨期ということになっています。雨季と言っても、日本の雨期とは違いスコールが多くなる程度で毎日雨が降り続くことではありません。だだし、この時期は海温が高いため、熱帯性低気圧ができやすいです。サイパン付近で熱帯性低気圧が発生すると、数日にわたり雨が降り続くこともあります。

さて、それではいつがサイパンのベストシーズンなのでしょうか?やっぱり乾季?
たしかに、乾季の方が天気の良い日に当たる可能性が高いかもしれませんが、乾季でも運が悪いと天気の悪い日が続くこともあれば、雨季でも旅行中ずっと天気が良かったりもします。夏場の方が日も長いし海も穏やかです。

あえて年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みの中から選らぶとすると乾季で日も割と長いゴールデンウィークでしょうか。まあ、乾季だろうが雨季だろうが行けるチャンスの時に行っちゃいましょう。あとは神様にお任せして。

ちなみに、年末年始休明けとかゴールデンウィーク明けとかは、旅行代金が非常に安いので、そういう時に休みが取れる方は安い時期を狙ってみてはいかがでしょうか。そういう時期はホントにそんな値段でいいのと思ってしまうくらいです。

なお、サイパンの天気予報は結構当てにならない場合も多いです。特に週間天気予報などは。だからサイパン旅行の予約をした日の天気予報が悪くてもガッカリする必要はありません。小さな島ですのでちょっとした雲の動きで天気が大きく変わります。もちろん逆の場合もありですけどね。

サイパンでの服装についてですが、常夏の島ですので、天気の良し悪しにかかわらず夏物の衣類があれば十分です。基本的には、Tシャツ、短パン、サンダルでいいかと思いますが、ホテルや機内など冷房が強いところもありますので、長袖が1枚あると安心ですね。ただし、高級なレストランなどでは、上記のようなラフな格好は好まれないので気をつけて下さいね。

また、サイパンの紫外線は日本よりも2〜5倍強いので、紫外線対策は必ずして下さい。天気の良い日は当然ですが、曇りの日も油断しないようにして下さいね。 必ず日焼け止めクリームを持っていって下さいね。詳しくはサイパン必需品で説明していますのでご覧下さい。

※熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼び,このうち北西太平洋で発達して中心付近の最大風速が
   およそ17m/s以上になったものを「台風」と呼びます。

サイパンへのアクセスサイパンへのアクセス サイパンの交通サイパンの交通