サイパン旅行をしてみませんか?とても素敵なビーチリゾートが日本からたったの3時間です!
サイパンには悲しい歴史があります。サイパンの歴史を知って旅行されることをおすすめします。
はじめてのサイパン旅行 HOME>サイパン基本情報

サイパン基本情報

サイパンの歴史

さて、現在はビーチリゾートとして有名なサイパンですが、サイパンの歴史についても少し理解しておきましょう。サイパンを旅行する上で、別に歴史を 知らなくても楽しめるかもしれませんが、知っておいた方がまた違った角度からも旅行を楽しむことができると思います。

はじまりは、紀元前2000年頃、チャモロ民族がインドネシアやフィリピンからカヌーに乗ってマリアナ諸島に移住してきたと言われています。

そして、1521年にマゼランが世界一周の航海中にマリアナ諸島を発見しました。マゼランは当時スペイン国王の援助を受けて航海をしており、サイパンには 多くのスペイン人が来るようになったのです。

その後、1565年にスペインが正式にマリアナ諸島領有を宣言をし、300年以上にわたるスペイン統治による植民地時代が始まりました。ちなみに、 「マリアナ諸島」は、スペイン皇后マリー・アンヌにより命名されたものです。

スペインによる統治が進むと、キリスト教布教が盛んになり、チャモロ民族たちはそれに抵抗を示し、激しい内乱が起きました。内乱の結果チャモロ民族は 激減し、とうとうグアムへの移住をさせられることとなりました。

1898年にアメリカ−スペイン戦争でスペインが敗れ、グアムをアメリカに譲渡し、グアムを除くマリアナ諸島をドイツに売却しました。ここでサイパンの スペイン統治時代は終わり、15年間のドイツ統治に入ります。

1914年に第一次世界大戦が勃発し、赤道以北のドイツ領を日本が占領し、第一次世界大戦終結後、日本の委任統治が決定しました。ここから約30年にわたる 日本統治時代はじまりました。3万人近くの日本人(8割は沖縄)が移住し、市民生活を送っていました。

その間、南洋興発株式会社がサイパン、ロタ、テニアンをアジア最大の製糖産地として発展させ、設立者、松江春次は「シュガーキング」とも呼ばれ、現在 でもサイパンで最も有名な日本人として知られています。彼の功績を称えて「シュガーキングパーク」も設立されました。

1941年に太平洋戦争が勃発し、日本はグアム島も占領しサイパンに司令部を設置していました。開戦当初は快進撃を続けた日本軍でしたが、アメリカ軍に 反撃で徐々に劣勢になってきました。

サイパン ラストコマンドポストそして、とうとう1944年、 アメリカ軍はサイパン島に上陸を開始し、日本軍と激戦を展開しました。アメリカ軍の死者は約1万人、日本軍の死者は約3万人、生き残ったのは1000人余りと いう玉砕戦となりました。さらに多くの民間人も犠牲となり、サイパン島は1ヶ月と経たずに陥落。さらには、グアム島、ロタ島、テニアン島と次々上陸して 日本軍を退けました。

 

日本への攻撃拠点を手に入れたアメリカ軍は、グアム島、サイパン島、テニアン島に滑走路を造り、日本本土を次々に爆撃し、最後には広島と長崎に原子爆弾 を投下しました。ちなみに、原子爆弾はテニアン島から出撃したB29爆撃機によるものです。

1945年8月、日本はポツダムを受諾し戦争は終結。ミクロネシアの日本領は、国連によりアメリカの信託統治となりました。そして、1950年にグアムはアメリカ 自治属領(準州)となり、1986年に北マリアナ諸島がアメリカ自治領となりました。そして現在に至っています。

サイパンにはこのような歴史があり、多くの戦争の傷跡が残っています。慰霊碑もあります。ビーチを楽しむのは大変結構なことですが、そういうところに 行った時には手を合せましょう。

また、サイパンの歴史について知ることのできる興味深い本もたくさん出てますので、ご興味のある方は呼んでみて下さい。
日本領サイパン島の一万日
サイパン・グアム光と影の博物誌
観光コースでないグアム・サイパン
サイパン戦車戦

サイパンの電圧サイパンの電圧