サイパン旅行をしてみませんか?とても素敵なビーチリゾートが日本からたったの3時間です!
サイパンはエメラルドグリーンの美しい海、白い砂浜、そして珊瑚礁に囲まれた素敵な島です。
はじめてのサイパン旅行 HOME>サイパン旅行準備

サイパン旅行準備

カメラ

旅行といえばほとんどの方が何らかのカメラを持って行くと思います。大切な旅の思い出を写真にしろ映像にしろ何らかの形で残しておきたいですよね。 最近はすっかりデジタル時代になってしまい、フィルムカメラの影が薄くなってしまいました。このサイトをご覧の方はパソコンを持ってると思いますので、既に お持ちの方も多いでしょうが、デジカメを中心に紹介していきましょう。写真を上手く撮るコツなども紹介しますので、興味のある方はご覧下さい。

デジカメ

みなさん、デジカメを買う時に何を重視するでしょうか?
もちろん目的によっても違うでしょうが、旅行に行って風景を撮るなら、できるだけ広角レンズ(焦点距離の短いレンズ)のものを買う ことをおすすめします。広角って何?と思うかもしれませんが、広角は望遠の逆側のことです。簡単に言うと、視野の広いレンズとでも言えばわかりやすいでしょうか。

景色を撮るのには望遠はそれ程必要ないと思います。たまに欲しい時もありますが、画素数が大きければトリミングもできますので、 望遠は3倍くらいあれば十分です。それよりも広角に撮れるカメラの方が風景写真では活躍 します。広角で撮った風景写真は広がり感が出てダイナミックな写真になり、一味違った写真を撮ることができます。だから風景をダイナミックに撮るときは、動いて前に行ける状態の時は、望遠なんか使わず何歩か前に動いてそのカメラの広角側で撮るようにして下さいね。

とはいっても、実はデジカメは構造上、広角機種を作るのが難しいため、フィルムカメラに比べて広角機種が少ないです。コンパクトデジカメですと焦点距離が28mmというものがありますが、35mm以上のものが多いのが現実です。他にも選ぶポイントがあると思いますが、風景を撮る場合、望遠側の2,3mmの差はほとんど変わりませんが、広角側の2,3mmの差は写りに大きく 影響しますので、この点についても十分に検討されると良いと思います。

他にも同じく構造上、背景のぼかしも苦手です。人物とかを撮るときわざと背景をぼかして人物をひきたてるアレです。でも主に風景撮影ならこの点についてはあまり気にする必要はないと思います。

あとは、せっかくですからキレイなトロピカルフィッシュも撮りたいですよね。海に入って砂浜の方を撮るというのもいいですよ。それには別売りの水中ハウジングという防水ケースを使えばいいのですが、機種によっては対応していないものもあります。さらに、対応してるものでもダイビングでも対応できるものと、3mくらいまでのタイプのものが あります。しかし、ダイビング対応タイプだと大きさも大きくなります。シュノーケルだけなら3mくらいまでのタイプの方が軽くて便利です。もっとお安く済ませるなら、ちょっと写りに影響が出ますが 補正で何とかなるレベルなので、アクアパックを使用するという手もあります。また、最近では3m防水のデジカメもあって、そのままシュノーケルに使えます。
 

写真を上手く撮るコツ

ちょっと工夫するだけで一味違った写真を撮ることができますので、以下のことを意識しながら写真を撮ってみて下さい。

  1. カメラを両手でしっかり持ち、脇をしめて撮るようにして下さい。特にデジカメで液晶を見ながら撮る時に、片手で撮ってる方がよくいますが、あれはブレの 原因になります。晴れの日の屋外ならシャッタースピードが速くなるのであまり影響ないと思いますが、室内の場合は特に気をつけて下さい。液晶モニターで 見たら大丈夫そうだったんだけど、実際にパソコンで見たらブレてたということもありますので、カメラはしっかり持ってブレないようにして下さい。なお、望遠になれば なるほどブレやすくなります。

  2. 海の写真を撮るときは水平線がまっすぐになるように意識して下さい。特に人物の後ろに海を入れて撮るときに、水平線が曲がって撮ってる方が多いです。 水平線が曲がった海の写真はせっかくのキレイな海が台無しなので気をつけましょう。動きを表現するためにわざと水平線を曲げて撮ることもありますけどね。

  3. 構図を考えて写真を撮りましょう。対象物をど真ん中にして撮る(いわゆる日の丸写真)のではなく、対象物を左右、上下にずらして撮ることで、単純でない写真を 撮ることができます。また、海を撮るとき、海と空の1:1では芸がないので、強調したいほうを多くして2:1とか3:1とかにするだけでかなり違うと思います。さらに海と空だけでなく、 少し陸側を入れたり船を入れたり、木を入れたりして撮ってみましょう。あと、人物と景色を撮るとき、人物と対象の景色を両方真ん中にもってきてしまい、せっかくの景色 が人物で隠れてしまってる写真をよく見ます。そういう時は人物を右か左に動かせばいいだけです。広角で撮るときは人物が小さくなりがちですので、一歩前くらいの気持ちで撮りましょう。
旅行用品旅行用品 サイパン持物チェックサイパン持物チェック